言葉の力

スポンサーリンク

「人は誰もが優秀であることを信じてやみません。」

これは私が大好きな人生の先輩の言葉です。

 

私が以前、Aさんにお気に入りの風呂敷(←風呂敷好きで何故か5枚くらい持っている)をお貸ししていて、それがキッカケに久しぶりに会うことが出来きました。

 

近況をお互いお話しして、オーラリーディングもご希望があったので受けていただきました。

↓こんな感じにオーラを描きます。

 

彼女にオーラリーディングをして・・・

オーラを見ると第一チャクラの中心に小さく本来の赤があり、

その周りは黒くなっていた、、、。

この黒をリーディングで尋ねると

「自分の為の行動が全く出来ていない。」

「依存と犠牲で生きている」と出てきた。

そして、第三チャクラを見ると、

まあるい黄色であるはずの車輪が、

苦しくて苦しくて黒くなっていた。

自尊心を失うとここは欠けてしまったり色が変わってしまうのです。

そして、お話を聞いていると、

「私は本当に駄目な人間なの。。。」と言う。

 

これは、周りから言われて素直な彼女がそれが真実だとその言葉を受け入れたのでしょう。

色んな考えの人もいるし、

何が正しいとか間違ってるとか、

どっちが優れているとかそういう話をいうつもりはありません。

でも、私はヒプノセラピストなので、

「人は誰もが自分の親は自分で選んで生まれてきた。

そして、その関係に学びがあり、勇敢な選択をした魂も存在する」

と考えています。

だから、例え今上手くいってなくても絶対に駄目じゃない!

こんなに自分を痛めつければ、周りがキラキラして気になるのは当たり前だ。

彼女の良さは、

第六チャクラ

「すべてを優しく素直に見る視点」

ハートの色

「人助けを迷わずする優しさ」

オーラはオレンジ

「母性愛の強さ」を持っているところだ。

私は人は色んな側面を持っていると思っています。

粗を探そうと思ったり、

自分が無意識に自分でも気になる部分を

目の前の人が持っていたら気になって仕方ない。

でも、同時に絶対良い側面もあるので、

そちら側の視点を時には意思を持って目の前の人を見ていく必要がある。

そうすると、その人は良い側面を安心して出すことが出来るんです。

 

今、このことを考えていると私は兄のことを思い出した。

アスペルガー症候群だった為、

周りから理解されないことも沢山あったけど一人一生懸命耐えていた。

本当はめちゃくちゃ優しくて真面目なのに、

そういう部分より出来ない部分の方が周りには目がついたようだ。

(兄はたまに一人暮らしの私を心配して今でもたまに連絡をくれる優しい人です。)

 

そして、

周りからの言葉や関わり方の記憶で

人は無意識に自分を決めつけ

習慣を作る強い働きを目の当たりにしたからこそ、

私は記憶を肯定的に使いたいし、

ヒプノセラピーには大きな可能性があると思ったことを思い出したのです。

 

彼女のおかげで、私にも改めて向き合い癒す部分があると気付くことが出来ました。

まずは、自分に優しい言葉だけをかけてほしい。

経験から学び、経験した自分を褒めてあげよう。

自分には優しくしてあげよう!

何かダメだったら、その時は周りがちゃんと言ってくれるからw

 

そして、

何より焦って周りに追いつこう!

とか成功しよう!じゃなくて、

私はコツコツと

自分と目の前に広がる世界を信じて

今最大限出来ることから自分を拡大させて行く方が好きだな。

 

それが、どこかの偉大な成功者の言った法則に反してでも、

私はそう思う。

 

だって、信じていれば願いは叶うのを知ってるから♡

ヒプノセラピストkeiko

お問い合わせ&オーラリーディングのご予約はLINE@から
↓↓↓↓

スポンサーリンク