旅する魔女日記 in インドネシア(1日目@ジャカルタ)その2

アリシアちゃんに付いていくまま向かった先はジャカルタの立派なモスク🕌。

丁度、日没直後に行うマグリブ(Maghreb)という礼拝を一緒にすることになりました。

私、今までモスクにはイスラム教徒の人しか入れないと思っていたのですが(マレーシアの国立モスクも礼拝堂の中には入れなかった)、アリシアちゃん曰くどの宗教の人でも入ることが出来るとのこと。

とは言えなかなかモスクに入れる機会なんてないから、すごく貴重な体験となりました。

人生初のイスラム教の礼拝

https://twitter.com/kurocobbit/status/1065960969149534209?s=21

礼拝の前にまず行うこと・・・【ウドゥー】

これは神社で言う「お清め」です。

でも神社の手と口を濯ぐだけではなく、顔も頭も耳の穴も鼻の穴も足も、水道水で洗わないと行けません。

ウドゥーについてはこちらに詳しく書かれています。
日本アハマディアムスリム協会

男性と女性では礼拝をする場所が違います

ウドゥーを終えたら、女性用の入り口からモスクの中に入ります。

礼拝堂のすぐ前方には男性が横に列で並んでいて、女性は後方の方で横列に並びます。

女性の場合はさらに礼拝着を着用することになっていて、モスクの後ろの方にレンタルできるものが用意されています。

私も着させてもらいました。

https://twitter.com/kurocobbit/status/1065952577240498177?s=21

音楽がなると、みんな肩幅に足を広げて立って隣の人と足が触れるように横一列になります。

そして、決まった仕方で大体5分間お祈りをして終了です。

お祈りの仕方はまるでヨガの太陽礼拝を優しくしたような感じ。

冷房がついていないのでもともと暑かったのですが、こんなすっぽりと体が覆われた礼拝着を着たらもう暑くて暑くて早く脱ぎたかったw

このマグリブ(Maghreb)が始まるころ、アリシアちゃんの従姉妹のアヤちゃん(本名はもっと長い)も合流して、ここからはアヤちゃんが送迎してくれました。

https://twitter.com/kurocobbit/status/1067750002275966976?s=21

夕食にはジャカルタで大人気のKambing

アリシアちゃんとアヤちゃんのオススメはコタ地区にあるナシゴレンのお店です。

ジャカルタで夕食といえばここなのでしょうか?

みんな知っています。

実はここコタでもまた一人合流する予定なのですが、その人は・・・

なんと、、、

なんとー!

起業コンサルタントを生業としている阪井裕樹さん!

この似顔絵で知っている人は多いかもしれません。

たまたま阪井さんもジャカルタに滞在していて、現地集合で会うことになってました。
(憧れの海外現地集合ってヤツですね❤️)

久しぶりに日本人に会いました。

周りに日本人がいるとカタコト出川イングリッシュを話すのが急に恥ずかしくなります・・・。

(私本当に小心者・・・)

みんなで楽しくインドネシア料理を食べました。

https://twitter.com/kurocobbit/status/1067788000900325379?s=21

想像以上に美味しくて美味しくて❤️

ナシゴレンも美味しかったけど、サテという串焼きが絶品でした。

アリシアちゃんのオススメは鳥の串焼きにピーナッツソースを絡めたもの。

本当に本当に美味しい!

ジャカルタに行った時には是非試してみてください🎵

Nasi_Goreng_Kambing

https://twitter.com/kurocobbit/status/1067787987419832321?s=21

ご馳走さまをしたら阪井さんをホテルまで送るが、、、
ジャカルタの中心都市は都会でビックリ!

この時は丁度ジャカルタでアジア大会が行われる直前でした。

いたるところでアジア大会のモニュメントが見られました。

 

友達といれば楽しいもの。

みんなでドライブのようにコミュニケーションを取りながら高級ホテル到着しました。

まるでパパラッチに撮られた週間誌写真のようw

アリシアちゃんと私は空港近くのビジネスホテルまで向かい、道草くってたら到着したのは夜中の1時。

・・・明日4時半にホテルを出発するのにねw

明日は楽しみにしていたジョグジャカルタに向かうのです。

スポンサーリンク