次元上昇による二極化という説には疑問点がある

私はメンドクサイことに、自分がピンとくる表現をずっと探す傾向がある。

 

自分がスッキリするまで図とかを何度も書き直すし、

会社員の仕事でもスッキリする手順書とか書き直すしつこい性格の持ち主w

 

でも、そんなしつこい性格を私は結構気に入っています♪

見つけるまでは時にあーでもないこーでもない!!って一人でグルグルする時があるけどw

 

それでね、

最近抱えていた「とある説の違和感」の正体をずっと、

「違和感の正体は何だろう!?なんて表現すれば良いの!?」

って探していたんだけど、やっとピンっと降りてきた。

 

その違和感の対象は、次元上昇による二極化という説。

この説はスピリチュアルな人たちがよくネタにする内容で、

 

○○年になったら

「好きなことをして生きる人」と

「ネガティブに生きる人」が

二極化するから早く「次元上昇した方が良い」

というもの。

 

私はこのお話には段々段々違和感を感じてきました。

(何十年も前から度々言われているけど)

 

なぜ?

人は自分の世界を自分で作っているのに。

周りと自分は元をたどれば1つの筈なのに。

人はそれぞれが、自分の魂が成長する為に旅を続けているのに。

 

「あえて分けて考えることが出来るのか・・・?」

「聞いて嬉しい人ってどんな人?」

 

すっごい屁理屈っぽいかな・・・?

 

次元上昇した人の世界は

同じように次元上昇した世界を見ているのに、

別の人がいると認識しているのか。

 

次元上昇した人と次元上昇出来なかった人がいると認めている場合、

その人は両方の次元を片足ずつ突っ込んでいるのではないか?って。

 

私はそんな無責任な説で誰かが先に行って誰かが取り残されるとかのネタは好きじゃない。

 

私はせめて自分と少しでもかかわる人すべては、みんな幸せでいてほしい。

 

出来れば世界中の人が良いけど、そういう考えの人が増えれば、

自然とみんな幸せになるだろう、、、

とここは能天気に考えてます。

 

この、『ペイ・フォワード』という映画の11歳の少年の発想は本当に素晴らしい。

「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問い掛けに、

悩んだ末に出した応えです。

だから私は二極化なんて存在しない。

私の認識では私のいる世界は、自分と周りは一緒であると考えている。

自分もみんなも全員幸せで良いじゃん!

ただ、人の心ばかりは操作するもではないし、

学ぶ事柄もそれぞれ違うので、無理に強制するものではないですが。

 

それでも、私は自分と自分の世界は一つである。これが私の認識です。

次元上昇(アセンション)の語源はキリスト教の昇天です。

そもそも、私が昔から認識していたアセンションって

個人レベルではなくて、

地球に住む全ての生き物が、

生きることに対して

幸せで安心で満たされた感覚を理解すること。

自分も他人も本当に愛せること。

でした。

 

でも、、、

気になったってことは、、、

私も何か無意識に分けて考えていた何かがあったのかもしれないねぇ。

自分自身も見直す機会になりました♡

 

 

スッキリすると、すごく色々なことが腑に落ちてきて、

「だったら何も焦る必要がないし、

自分と目の前の人に敬意をはらって過ごそう」

って改めて思えました。

 

っていうメンドクサイ私のつぶやきでしたw

最後までお読みいただいてありがとうございます。

ヒプノセラピスト keiko

 

★ただいま特別価格で未来暗示療法をお受けいただけます!★
★クリック★↓↓ご案内はこちらから♡

スポンサーリンク