ミニマリストの私が10年前から使っている生理用品【月経カップ】のススメ

昔々10年前のわたくしは女の子の日に毎月やってくるヤツについてある悩みがありました。

私のヤツは、すっごく気まぐれで性格にムラがあり、それでも大事なものなので、色んなものを買って試していました。。。

って、、、何の話??

そう、生理の話です。

私は毎月の経血の量が大量だったり少量だったり、1つの期間でも2日目が結構エグくて、会社でちょっと席を立つときとか、朝起きる時ドキドキしながらシーツをチェックしていました。

私はなんでもネットサーフィンで良いものを探し求める質でして、その時たまたま見つけたのが『月経カップ』というものです。

もう10年前なのでハッキリ覚えていないのですが、当時はまだ月経カップ自体が日本で売られていなくて、ドイツ製のものを海外から直接取り寄せて買った覚えがあります。

私は初めて海外からお取り寄せをして、インターネットで使い方を確認して、恐る恐る使ってみました。

実際使ってみると、市販のケミカルナプキンと比べてすっごく快適で、いきなり席を立つ時のドキドキ感や、シーツを汚すということがなくなったのです。



市販のケミカルナプキンがもたらす嫌なアレコレ

コンビニ等でどこでも買えるというのは、ケミカルナプキンの最大のメリットだと思うのですが、私は下記のような理由で嫌だなと思っていました。

① ムレたりカブレやすい
② 時間がたつと臭いが気になる
③ 経血の状態がわかりづらい
④ お腹が冷える(吸水ポリマーは水分を吸収すると冷たくなる)

それによって頭の片隅に常に生理のことがあるのが、目の前のことに集中出来なくて。。。

月経カップとは

月経カップ(げっけいカップ)とは、ナプキン、タンポンに替わる生理用品である。
主にアメリカ、イギリス、カナダなどの英語圏で製造・販売されている。
鈴の形をしていて、タンポンと同じように膣の中に入れて使用する。

海外では1930年代から使用され、現在では一般的な生理用品の1つになっている。
膣内にシリコン製のカップを挿入して経血を溜め、一定時間をおいて捨て、繰り返し使用する方法が一般的な月経カップの使用方法。(Wikipediaより引用)

月経カップにして変わったこと

月経カップにして一番良かったなーと思うことは、席を立った時に「ドバッ!」っていうのがなくなったこと。

て言うか、月経カップをしている時まるでタンポンをしているかのように生理中であることを忘れます。

スポーツをしても、ヨガをしても、全然ヘーキでした!(私の場合は)

5~7日間のこととは言え、毎月のことだからやっぱり快適に過ごしたいですよね♪

月経カップのメリット

①タンポンのように体内挿入型だからスポーツするときも安心
②長期間使える
 (タンポンは最長8時間ですが、月経カップは最長12時間なので朝仕込んで通勤して、
 帰宅して外すことも可能です)
③エコ
繰り返し使えるので、一つ買ってしまえば10年繰り返し使えます。
④体調をチェックできる
 経血の色の濃さや量を確認出来るので、1か月間の食事や習慣の見直しができます。
⑤カブレにくい
体内挿入型なので、お尻がムレることがないです。
⑥臭いの心配がない
経血の臭いが気になるのは、空気に触れて血が酸化するから。
なので、臭いの心配はないです。

月経カップのデメリット

とはいえ、弱点もあります。

①経血の量によっては漏れることもある
 私の場合は、オーガニックコットン製のナプキンを合わせて使っています。
(殆ど補助といった感じ)

②使用するのに若干の慣れが必要。
 少しコツが要ります。
③生理が終わったら消毒しなければならない
 色んな方法がありますが私は哺乳瓶を消毒するときに使うミルトンで消毒しています。
 でも、布ナプキンを洗うよりは大分楽です。

デメリットはあるにしても、今や私にとって欠かせないモノ。

私は無駄にものを買ったり増やしたりするのが好きではないので、質の良いもの一つで長く使えるというのはかなりツボです。

何より、臭いがないことや、朝起きたときの安心感はやっぱり代え難いです。

今は日本製の月経カップが販売されています。

私が初めて月経カップを使い始めた頃は日本製のものがなく、若干ダメ元で取り寄せをしました。

でも、今ではその利便性や安全性が周知されてきたのか日本製のものが売られるようになりました。

それが、純国産の月経カップ【ROSE CUP】です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZF3RB+B43BAQ+3VEC+5YZ77



私もうれしい。。。

私のはまだまだ使えるので、今のところ大丈夫なんですが帰る時には今度は日本製を買おうと思います。

もし、あなたが毎月の生理で悩んでいらっしゃったら良い解決策になるかもしれません(^^)

 

スポンサーリンク