旅する魔女日記 in インドネシア(2日目@ジョグジャカルタ)

ジャカルタはインドネシアの首都ですが、実はあまり観光場所がありません。

なので1日目にジャカルタをぐるっと回ったら、ジョグジャカルタと言う日本で言う京都みたいなところに行くことになりました。

ジャカルタからジョグジャカルタは飛行機で1時間くらいで移動が出来て、フライト料金は4000円くらい。

朝4時半にホテルをチェックアウトして、タクシーでスカルノ・ハッタ国際空港まで向かいました。

ジャカルタの交通事情によりなかなか空港に着かないw

世界最悪の交通渋滞で知られるジャカルタ。
早朝4時半の渋滞していない時でも、予定通りに空港に着かないのです( ̄◇ ̄;)

途中からアリシアちゃんの形相が変わってきました。。。

Keiko-san急いで!!!

空港に着いたら残りフライトまで残り15分。

キャリーケースを振り回しながら走る私たち。

こういう時の、荷物チェックがもうもう鬱陶しいったらない。

(私たちが危ないもの持ってるわけないでしょ!!通してーーー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾汗)

余裕がなくなるとこうなる。

予想は出来たけどミスフライト

So sad……

空港で落ち込む2人。
無情にも目の前で飛行機が飛んでいきました。。。

次のフライトが13時!
私たちは6時間、空港で待機となりました。

でも持ち前の「どこでも寝れる体質」で、リクライニングシートで寝ることにしました。

お昼から夜まで目一杯遊べば良いや!

実はとっても綺麗なジャカルタの空港内

カフェでちょっとお食事したら2人とも爆睡。

結構静かだし、日本の空港と違って椅子がリクライニングなんですよ。

ゆっくり休んだら、ランチをしながらアリシアちゃんの仕事について色々聞きました。

アリシアちゃんは実は世界的に有名な某エネルギー企業のエンジニアです

(世間知らずな私は起業コンサルタントの阪井さんに言われるまで舌を噛みそうな言いずらい名前の会社だな…って聞き流してました。)

勤務先はパプア島で、いつも大きな大きなタンクを管理・開発・運用をしているらしく、新しいプロジェクトに参画してから殆ど休みが無い・・・と言ってました。

でもハードでクタクタになるけど大好きな仕事が出来てやり甲斐もあって幸せなんだとか。

本当にカッコイイです。

私は楽しくやり甲斐をもって仕事をしている女性ってやっぱり素敵だなーって思います。

因みにアリシアちゃんからのプレゼントはパプア島の珈琲です。

これが飲みやすくてすっごく美味しいんです☕️💖

View this post on Instagram

南国少年パプアくん🏝 アリシアちゃんからこの珈琲を貰った時、頭によぎった最初の言葉です👦 こちらはパプア島の珈琲です☕️ これ、味がすっごくすっごく美味しくて、、、飲み方が斬新な珈琲でございます。 トゥブルックというドリップ珈琲よりもキメが細かく、カップに注いで下に珈琲豆の粉を沈殿させて飲むのです。 口がジャリジャリするので私はフィルターを使って頂いてます。 幸せの味💖(珈琲中毒) #旅する魔女のヒプノセラピーライフ🧙‍♀️ #パプア #ジャカルタ #Jakarta #珈琲 #珈琲が好き

A post shared by 旅する♡ヒプノセラピストkeiko (@hypno_keiko) on

ジョグジャカルタの空港に着いたら1日タクシーで移動するのがオススメ

早朝から深夜まで車と運転をしてくれるサービスがあり、それが1日5000円程で利用出来る。

流石に観光ガイドはしてくれないけど、
「ジョグジャと言えばどこ?」
「今の時間だったらどう回れば良い?」
「オススメのお料理やさんは?」
など、聞けばそのまま連れていってくれるし、移動中にジョグジャの歴史や面白話を聞かせてくれます。
(インドネシア語でw・・・分からんじゃんw)

最初に向かったのはプランバナン寺院群

群と付く名の通り、とんがり帽子のような地院が群れをなしています。

中にはガネーシャやシヴァの銅像が各々祀られて、ガネーシャ好きの私としては興奮する場所でした。

観光客に厳しい料金システム

なんと!!約3000円でございます💦💦

でも現地人の入場料は約300円なのです💵

外国人用と現地人用でチケット購入カウンターがハッキリ分かれていて、双方の料金を知ることが出来ないので、外国人はちょっと高いと思いながらも、何も知らずに10倍の額のチケットで入ります。

私たちの場合は現地人と外国人ペアなので、知って衝撃を受けたのです💦💦

オイ!!ボッタクリじゃないかーーー!!

こうなったら思う存分堪能するしか元は取れない!

2人でじっくりと寺院を楽しみました。

ジョグジャカルタは日本からは直行便はありませんが、実は日本の京都と姉妹都市なんです。

なんとなくわかるような気がします。

仏教の歴史も感じられる個性的な土地なので、機会があれば是非行ってみてください。

私たちはこの日真夜中まで遊びます。

続く。

スポンサーリンク