ノートと私、奮闘中 #2 自分のお金の考え方について整理してみた

スポンサーリンク

最近自分でイベントを主催するようになって、慣れていること以外でお金をいただくことに若干抵抗を感じたので、自分のお金についての考え方を掘り下げようと思いました。

私は倹約家である

はい。そうなんです。私は基本的には倹約家です。

安くて美味しくて雰囲気が良い穴場レストランが大好きだし。

時々に喫茶店の珈琲800円は高いと思ってしまう。

仕事場でも紙コップの珈琲を買わずに自分で作るし、

お洋服だって、ユニクロ、ブランド物、古着、母からのおさがりを着る。

仕事着の着物だって、ほとんど古着(でもポリエステルは少ない)が多い。

何故そうするのか?あまり意識していなかったけど、

同じくらいの美味しさなら安いのを選びたい。

同じくらいの好みなら安いのを選びたい。

ただし、自分がお金を出したい方に限る。

私はそう思っていたようです。

一人旅も程々が多い

日本人向けの色々上乗せされたサービスじゃなくて、なるべく現地のメニューを探そうとするし、ホテルもAirBnBやホステルやバックパッカーズホテルが多い。

語学留学もアパートメントではなくあえてホームステイを選んだ。

その中で綺麗でお洒落な雰囲気のを探すのが好きだし、沢山楽しい経験が出来た。

成功と失敗が沢山あります。

でも、それは何故それを選んだんだろう、、、って思ったら「こんな海外一人旅は歳をとったら経験できない」と感じていたからだ。

35歳を過ぎたら、今度は贅沢な旅をさせてあげたいと思っている。

贅沢も好き

高級ホテルのラウンジ♡

高級ホテルのBAR♡

3つ星レストラン♡

予約の取れないレストラン♡

会員制、又は一見さんお断りのお店♡

本革のバッグや小物♡

18金やダイヤやルビーのネックレス♡

大大大好きである♡

ただし、素材や味が自分好みなら♡

そういうところに行くことで、自分の振る舞いを磨きたいと思っている。

一流にも相応しい自分でいたい♡

高額だったから元を取らなきゃ!と思わない。

高額だから良いわけではない。

まず買うときにもっと自分のWantを確認することが大事であって、
買った後に不要であればクーリングオフなり転売するなり捨てるなり、
とっとと手放すようにしています。

流れて行った後は、私のコントロールが及びません。

お金よりも自分が喜ぶ方を優先します。

支払うときにはどこにお金が流れるかを想像する

私は日本大好き人間なので、日本メーカーのものでお金を流すことが多いです。

でも極力です。いちいち調べていたら時間がかかるので。

Made in ○○ではなく企業で見ます。

台湾も好きなので台湾メーカーのパソコンを使っています。
(基盤を作る会社だけあって、凄く聞き分けが良いPCちゃんです)

もちろん日本だけでなく、海外製品も大好きです。

安い、高い、雰囲気より、好きな相手にお金を出したい♡

自分のことがさらに好きになるような支払い方をしたいのです♡

逆にお金を受け取るとき

100万円でも100円でも、お金を受け取ること自体に全く抵抗を感じません。

でも100円でもお金を受け取るのに抵抗を感じる時がある。

それは、私のサービスを買って!ってお願いするときである。

人が作ったコンテンツを誰かに買って!っていうのはそこまで抵抗がないんです。

でも自分が作ったコンテンツを買って!ってお願いするのは、非常に非常に心が病む。

ノートになんでなんだろう?なんでなんだろう?

ってずっと書き出してみると、「自分の分身を自ら売る感覚」を感じた。

いやー。変なのかも知らない。この感じ方。

でも私にとっては凄く大事なようです。

誰かに「オーラリーディングを100万円で買いたい!」って言われたら、「あら!どうも!ありがとう♡」となるわけです。

私は売り方がとても大事なのだと感じました。

勿論、始めのうちはご案内をすることもあります。
(モニターとかで)

でもそれはご案内であって、売りつけるのはご免である。

私は提供する側もお客側も対等であることを非常に好みます。

お客様を神様とか全くもって思ってないw

私がお客の立場の時も「お願いはするけど、完璧を求めない」ようにしている。

お金はただのエネルギーである

世界中を巡り巡る、生き物のようなエネルギー。

だから使い方や受け取り方が凄く大切で、

失う、失わない、増える、増えないではないと思うのです。

私たちの望み通りにただ流れている存在だと私は思います。

昔、年に3回海外一人旅する為に月収2倍にならないかなーって思ってたことが、

知らない間にそうなっていたり、、、。

頑張る、頑張らない以上にお金を使って何をしたいかとても大切です

keiko

スポンサーリンク